wimax

利用用途によって選ぶネット回線

現在ネット回線には光回線、wimax、格安SIMなどいくつかのタイプがありますが、利用者の用途によって最適なサービスは異なります。

例えば動画の閲覧やオンラインゲームなどのサービスを頻繁に利用するユーザーで主に自宅での利用がメインになる場合、光回線がベストな選択肢と言えるでしょう。

現状でほとんどの光回線のサービスが定額制で使い放題のサービスとなっており、データ使用量によって速度制限がかかったり、利用が止まってしまうことがないからです。ただし利用する光回線や契約するプロバイダによって速度が異なる点は注意が必要です。

平日日中は快適に利用ができていても、夕方や夜間、土日や祝祭日などユーザーの在宅率が高く、アクセス集中がおきやすい場合には速度が極端に遅くなってしまうケースがあります。また、当然のことながら固定回線のため、自宅での利用に限られる点、特に一戸建ての家では料金が割高になりやすい点も注意が必要です。

プロバイダによっては今後データ使用量による速度制限を検討している会社もあるようなので、契約時には注意することをお勧めします。

自宅でのインターネット利用が少なく、頻繁に外出先での利用をするユーザーにとってはWimaxや格安SIMが選択肢となります。

これらの回線は携帯電話と同じように電波を使ったインターネット接続になるため、自宅や頻繁に利用する場所での電波状況が利用に大きく影響をしてくるところになります。電波提供エリア内でも電波の入りのよい場所とそうでない場所があるので、契約して利用してみてからでないと状況がわからないというのが実情です。

Wimaxの場合、選択するコースによってデータ使用量による速度制限がかかります。直近3日間の使用量によって制限がかかるケース、月間の使用量によって制限がかかるケース、どちらも対象になるケースなどがあるので契約する際にどのような条件のついたコースを選ぶかということが重要になってきます。wimaxの比較サイトなどをチェックするのも良いでしょう。

格安SIMの場合は契約する会社によって条件が異なりますが、データ使用量に応じて利用料金が変わることになるケースが多いので、同じ月にどれぐらいデータを使用しているかということに気をつけながら利用していく必要が有ります。

格安SIMは会社も多く競争も激しいので、データ使用量が少ないユーザーにとっては低価格でインターネット利用ができる有効な選択肢と言えます。

以上現在主流となっているインターネットの回線別にご紹介しました。途中でもお伝えした通り、契約する会社やコースによっても料金や条件が様々なので、よく内容を精査した上で契約するようにすることが大事です。

wimaxからwimax2+に変更したら速くなりました

無線のインターネット回線だと、どこでも自由に移動が出来て良いなと思い、無線のインターネット回線を契約する事にしました。

その事を行きつけの家電量販店のスタッフに話して見た所、uqwimaxを勧められました。

他の良さそうのもなかったし、店員さんが勧めるなら悪い物ではないだろうと思い、その場で契約を果たしたのです。

それから私は家に帰り、ルーターを使ってインターネットにつないでみました。
無線だと遅かったり途切れたりするんじゃないかと不安がありましたが、サイトのページを表示しても遅いと言う感じがしませんでしたし、動画を再生しても途中で止まったり画質が落ちる様な事はありませんでした。

 

これなら大丈夫だと思い、このuqwimaxをメインのインターネット回線にしたのです。
この後数年間wimaxを使い続けていたのですが、プロバイダーからwimax2+をおススメするメールやパンフレットが届き、wimax2+を検討し始めました。

検討してみた結果、料金が高くなるだけの価値はありそうだと結論付けて、wimax2+に契約変更しました。

wimax2+は速度がとても速く、wimaxでダウンロードに一時間ぐらいかかっていた動画が、僅か10分ほどでダウンロード出来てしまったのです。

なので以前よりも料金は高くなってしまいましたが、それだけの価値は十分あると思っています。

Wimaxは自宅の固定回線としておすすめ!光回線と比較してみた

私は自宅のインターネット固定回線として、以前光回線を使っていましたが、ある時Wimaxに乗り換えました。

理由は、Wimaxの方が、月額費用が安いからです。

光回線の場合、価格コムのキャンペーンを活用するなどして、2年縛りで最安値のプロバイダを選ぶと、月額実質4,000円程度かかります。

auひかりやNUROなどだともっと安くなるかもしれませんが、私の住んでいる場所は地方なので、それらの回線は使えません。

 

それに対して、Wimaxの場合だと、2年縛りで、月額実質3,200円程度で済みます。月額約800円の差は大きく、1年間だと約1万円も違ってきます。

このように、Wimaxは月額費用を安くできるので、私は自宅の固定回線として使っています。

では、Wimaxを自宅の固定回線として問題なく使えるのかというと、全く問題なく使えています。

 

特に、我が家(地方郊外に戸建て)では、”Speed Wi-Fi HOME L01”というホームルータータイプを使っているため、屋内の隅々まで電波がいきわたり、回線が途切れることも全くありません。

通信速度はどうかというと、下り約20Mbpsの速度が出ており、光回線の場合だと約80Mbpsくらい出ていたので、やはりWimaxの方が遅いです。

しかし、正直、体感的には全くわかりません。動画をダウンロードする時間は確かに遅くなりますが、数GBの動画でも、苦になるほど時間はかかりません。動画のストリーミングも、問題なく閲覧することができます。

 

つまり、Wimaxの方が通信速度は遅いですが、慣れるため、あまり気にならないということです。

以上のように、Wimaxは月額費用が安いし、十分な速度が出ます。よって、自宅の固定回線として、光回線よりもWimaxを使うことをおすすめしたいです。