光回線は速度を落としたプランでも十分利用できる場合があります。

光回線の速度は複数の業者がインターネットサービスを展開するようになって以降競争をしているかのように年々かなり速いものとなっており、自宅でインターネットはもちろん、動画や音楽もほぼ途中で止まったりすることなく快適に利用することが可能となっています。

そして現在は光回線自体携帯電話会社などとセット料金になっていて、以前よりも安くなっていることが多いです。

この光回線のプランについてですが、現在各会社1種類もしくは2種類というところがほとんどとなっています。そのため顧客にとっては好きにプランを選べるという状況ではなく、各会社間の料金や速度、サービスの比較を行ってどの会社の光回線サービスを選ぶかどうかを決めるということになります。

しかし中には同じ会社で3種類以上と複数のプランを用意しているところもあります。このような複数のプランを用意する理由としては、値段が安くなって顧客に選択肢が増えるということ以上に大きな理由があります。

実は光回線に関してはどれだけ高速のスピードの回線があったとしても、現在自宅ではWi-Fiを通して無線でインターネットを使用していることからその時点で回線の速度が落ちてしまうのです。このことはあまり知られておらず、速度は高ければ高いほどいいと思っている人がかなりいるものなのです。

なので普段からWi-Fiを使ってインターネットをするという人、またはインターネット自体仕事で主に使う程度で動画や音楽はほとんど楽しむことはないという人には少し速度の遅いプランを選んで使用しても差し支えないことがほとんどです。

そして複数のプランを用意している業者の担当者は、プランが選べるということを売りにして契約件数を増やすという戦略を取っているのです。なので新規で契約を検討しているという人と話をしている段階でWi-Fiを使用した時の速度の落ち方について説明をし、より値段の安いプランでインターネットを契約してもらうようにして顧客にお得感を与えようとしているのです。

このように速度の少し遅めのプランを選択すればより安くインターネットが使用できる可能性が高いことから、今まで光回線の使用を諦めていた人や一人暮らしなどで光回線を自宅で利用することを躊躇していたような人、またはネットは主にスマホで利用しているけれどもいつも使いすぎて通信制限がかかってしまっていたような人でも問題なく利用できる可能性が高くなるのです。